AGAの原因や対策

AGAとは

AGA,原因,対策,頭,ハゲ,改善

 

AGAとは、薄毛の症状の一つである男性型脱毛症の事です。

 

AGAは、命に危険を及ぼす病気ではありませんが、前頭部や後頭部、頭頂部などの頭髪に悪い影響を及ぼします。毛髪サイクルに異常をきたし、抜け毛を進行させてしまうので、最終的にはハゲる進行型脱毛症の原因となります。

 

AGAは年齢によって若年性脱毛症と壮年性脱毛症の2つに分けられ、一般的にAGAの中で前頭部の生え際から薄毛が進行していく症状を「M字ハゲ」と言い、頭頂部のてっぺんから薄毛が進行してく症状を「つむじハゲ」と言います。

 

そんなAGAは、症状や進行度により取るべき対策や治療法が異なってきます。なので、洗髪時や枕に落ちている抜け毛が多いと思ったら、まずはAGA専門のクリニックで無料カウンセリングを受けてみるのも良いでしょう。

 

AGAは女性にも起こりうる

AGAは男性に多く見られますが、女性にも起こる事があります。女性版のAGAは、FAGA女性男性型脱毛症と呼ばれています。

AGAが原因のハゲ対策とは

AGA,原因,対策,頭,ハゲ,改善

 

AGAが原因のハゲ対策について紹介します。

 

食生活を改善する

AGAの対策には、普段の食生活でAGA改善に有効な成分を摂取するのがおすすめです。

 

食事では必須ミネラルの1つである亜鉛を意識的に摂取すると良いです。亜鉛にはホルモンの生成や活性化、バランス化を行う働きがあります。

 

亜鉛は牡蠣やレバー、牛肉、魚介類等に多く含まれているので、いろんな食材から毎日摂り入れることができます。

 

そして、バランスの良い食事を続ける事がAGAの対策にもなります。

 

育毛剤を使用する

育毛剤でAGAの進行を止めるには、5αリダクターゼの働きを阻害してDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する、次の成分が配合されている育毛剤を使う必要があります。

 

  • オウゴンエキス
  • ヒオウギエキス
  • ノコギリヤシ

 

5αリダクターゼとは

5αリダクターゼとは、男性ホルモン(テストステロン)をさらに強い男性ホルモン(DHT)に変化させる酵素になります。5αリダクターゼの中にも1型と2型が存在し、2型の5αリダクターゼがより強いDHTを作ると言われています。

 

AGAは、テストステロンと5αリダクターゼが結合することにより、DHTが生成させることが原因で発症します。そのDHTは、さらに毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体(レセプター)と結合し、正常な毛髪サイクルを狂わせてしまうんです。

 

また、脱毛因子FGF-5の働きを抑制する、発毛因子FGF-5S含有のM-034エキスが配合されている育毛剤も効果的です。

 

脱毛因子FGF-5とは

脱毛因子FGF-5とは、髪の毛の成長期から退行期に移行するための信号で、毛髪の成長を止める働きをしています。そのため、このFGF-5の作用を抑えることができれば、抜け毛対策になります。

 

発毛因子FGF-5Sとは

発毛因子FGF-5Sは、頭髪が抜けるのを防止する作用を持っています。しかし、このFGF-5Sは、年齢を重ねる毎に少なくなってしまうので、育毛剤などにより増やしていくことで、脱毛は防ぐことができるというわけです。

 

生活習慣を見直す

AGAは、生活習慣が原因で起こる場合もあるため、下記のことにも気をつける必要があります。

 

  • 脂質や糖質の多い食生活
  • 過度の飲酒
  • 喫煙
  • ストレス
  • 運動不足

 

脂質の多い食事を摂っていると、頭皮に余分な皮脂を増やしたり、血流を悪くさせたりします。そうすると、健康的な髪に必要な栄養素を頭皮や毛母細胞まで届ける事が出来なくなります。

 

また、アルコールも摂り過ぎると、髪の毛が成長するために必要な栄養素を壊してしまいます。

 

AGAの治療薬を使う

AGAの治療薬には、次のようなものがあります。

 

  • AGAの進行を抑える内服薬「プロペシア」
  • 発毛を促す塗り薬・内服薬「ミノキシジル」

 

AGAの治療薬にはいろんな種類があると思われがちですが、実は基本的にはフィナステリドとデュタステリドと呼ばれる2種類の主成分が含まれているものしかないので、覚えておくと良いでしょう。

 

ちなみに、プロペシアの値段はAGA専門のクリニックによってもだいぶ異なります。なので、なるべく安く購入したい場合は、電話やカウンセリングで確認してみることをおすすめします。

 

AGA治療薬の副作用

AGAの治療薬は髪の毛が増えるのには効果的なのですが、人によっては副作用が出ることもあると言われています。そんなAGA治療薬の副作用には、下記のようなものがあります。

 

  • 性欲減退
  • 勃起力の低下
  • うつの症状
  • 精子の減少
  • 頭皮が痒くなる
  • 体がむくむ
  • 肝機能障害

 

基本的には日常生活に支障が出る程の酷い症状が出ることはないとは言われていますが、AGA治療薬を使用する際は注意が必要です。

有酸素運動のAGAへの効果

AGA,原因,対策,頭,ハゲ,改善

 

有酸素運動のAGAへの効果には、下記のようなものがあります。

 

  • 血行促進
  • 発汗
  • ストレス解消
  • 生活習慣病の予防

 

血行促進

髪の毛は頭皮の毛母細胞が細胞分裂する事で成長していきます。そして、その細胞分裂に必要な栄養を運んでいるのが血液であるため、血液がスムーズでないと毛髪の成長が妨げられて抜け毛や細毛の原因になります。栄養が行き届くと、頭皮表面の新陳代謝が正常に行われていきます。

 

発汗

有酸素運動を行うと汗を掻きますが、汗によりAGAの原因物質であるDHTが体外に排出されていきます。

 

AGAを治すために、副作用のリスクを犯してDHTを抑制する治療薬を服用する人もいますが、実は運動を行い発汗するだけで手軽に、そして安全にDHTを減らすことができます。

 

ストレス解消

ストレスは血管を拡張させて血流を悪くする可能性があります。

 

更にストレスが増えると、アドレナリンが皮脂を過酸化物質に変え、毛穴を詰まらせて抜け毛の原因にもなります。

 

このようにストレスはAGAの元凶であり、ストレスを解消すると頭皮や毛髪の環境正常化に効果が期待出来ます。その結果として、AGAの改善にも繋がります。

 

生活習慣病の予防

有酸素運動が髪の毛の成長にもたらすメリットは、生活習慣病の予防です。

 

生活習慣病により、食べ物で摂取したエネルギーと運動で代謝されるエネルギーがバランス良く保たれていないと肥満になり、栄養素の供給に支障をきたしてハゲや薄毛にも繋がってしまいます。

 

まとめ

有酸素運動は、頭皮や毛髪に良いだけではなく、健康維持にも効果が期待出来ます。

 

有酸素運動には、ウォーキングやジョギング、サイクリング等があり、特にウォーキングであれば誰でも手軽に出来て続けやすいのでおすすめです。

有酸素運動をしてもAGAを劇的には改善できない理由

AGA,原因,対策,頭,ハゲ,改善

 

AGAの原因になっているハゲは、日々運動やスポーツを行っていても、実は劇的に改善することは難しいです。

 

有酸素運動には、ストレス解消や代謝アップ、血行促進、余分な中性脂肪を燃焼等のAGA改善に対する間接的な効果が期待出来ます。それらが育毛活動において必須である事も間違いありません。

 

しかし、AGA等の医学的な症状によるハゲは、進行性疾患であるため、根本的な対策が求められます。

 

日頃から身体を動かしているプロスポーツの選手でも頭がハゲているの人はいます。それに対して、明らかに生活習慣に問題があるホームレスの人でもふさふさの髪の毛をしている人もいます。

 

このため、有酸素運動さえ行っていれば、髪の毛がふさふさになるという単純な考えが当てはまるとは言えないのです。

ランブットスカルプケアの通販購入はこちら!トップページへ様々な育毛ケアを試しても効果が出ない方、毛髪対策を始めたいが何をすればいいか分からない方は、トップページでランブットスカルプケアの詳細をチェックしてみてください。